お知らせ 「ESET INTERNET SECURITY」利用環境下での 不具合修正のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mar

8

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオン

新サービス AWS Migration Hub Refactor Spacesを体験してみよう

Organizing : JAWS-UG千葉支部

Hashtag :#jawsugchiba
Registration info

一般参加

Free

FCFS
63/100

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

今回のJAWS-UG千葉は、AWS Builders Online Seriesのクロージングセッション再演と、re:Inventで発表されたサービスのハンズオンの豪華二本立て!

今回は、JAWS-UG千葉支部がレジェンドと感じている アマゾンウェブサービスジャパン シニアエバンジェリスト 亀田 さんに先日行われたAWS Builders Online Seriesで行われたクロージングセッション、「AWS re:Invent 2021 Recap 発表サービスを纏めて紹介!!」を再演いただくとともに、 その中で発表されたサービスのうち、2/9にGAされたAWS Migration Hub Refactor Spacesのハンズオンを実施します。
こちらのハンズオン、 アマゾンウェブサービスジャパン 亀田 さん主催の勉強会で行われたものをベースに、LINE API Expert 三浦 さんがアップデートをされた内容をお届けします。
三浦さんには、その内容についての発表も発表いただき、皆さんの理解をさらに高めていただきます!

君は新サービスを使いこなすことができるか!

対象サービス

  • AWS Migration Hub Refactor Spaces

対象とする方

  • AWS Builders Online Seriesのクロージングセッションを聞き逃した方
  • AWS Migration Hub Refactor Spacesに興味がある方
  • マイクロサービスアーキテクチャへの移行におけるストラングラーフィグパターンを実現したいと思っている方
  • とりあえず手を動かすことに飢えている方

今回も運営で画面共有をしながら、みなさんと一緒に分かりやすいようにハンズオンを進めていきます。 ハンズオンの資料は画面キャプチャなどもついていますので、初心者の方でも安心してご参加ください。

事前に準備いただくこと

  • PC (ブラウザはChrome、もしくは Firefoxをインストールしておいてください)
  • AWS アカウント
  • AWSにAdministorator 権限の IAMユーザーでログインできていること
  • AWSアカウント 及び IAMユーザー作成手順はこちら

参加方法

Zoom によるオンライン会議形式による開催を予定しています。
視聴方法は、開催日に申し込みされた方へURLなどご案内します。

タイムテーブル

時刻 内容 発表者
18:30〜19:00 開場 ---
19:00〜19:10 オープニング JAWS-UG 千葉支部
19:10〜19:55 基調講演
AWS re:Invent Tech Re:Cap
アマゾン ウェブ サービス ジャパン
亀田 治伸さん
19:55〜20:00 休憩 -
20:00〜21:30 みんなで一緒にハンズオン JAWS-UG 千葉支部 &
LINE API Expert三浦 耕生さん
21:30〜21:40 クロージング JAWS-UG 千葉支部
21:40〜22:00 質問&雑談タイム&終わっていない方は続きをサポート ---
22:15 完全撤収 ---

※ 今回はハンズオンの時間を長めにとっています。また、発表の進行状況によって多少時間が前後する可能性があります。

運営メンバーからのお願い

・セッション内容のSNS拡散はWelcomeです。但しNGの箇所については発表者に従ってください。

・JAWS-UGイベントへの参加者は必ず以下のルール、マナーをご確認ください。

JAWS-UGに参加するルールとマナー

登壇者(50音順)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン シニアエバンジェリスト 亀田 治伸さん

米国州立南イリノイ大学卒業。認証系独立ASP、動画・音楽配信システム構築、決済代行事業者などを経て、アマゾン ウェブ サービス ジャパン シニアエバンジェリスト。得意領域は、認証、暗号、映像配信、開発手法に見る組織論。

三浦 耕生さん (LINE API Expert)

ゲーム会社のエンジニア 中学時代はFlashを使ってゲームを開発していたが、大学時代にロボット工学を専攻し、ハードよりの開発を始める。しかし、研究室配属をきっかけにプログラミングを始め、その後趣味でLINE bot開発を始めてWeb、クラウドの世界にのめり込み、ハッカソンで成果を残す。LINE API Expert、IBM Champion(ともに2020年〜)

JAWS-UG 千葉支部とは

JAWS-UG 千葉支部は、千葉在住、千葉にゆかりにある方、千葉が好きという方のためのAWSユーザグループです。

千葉というロケーションは比較的東京にアクセスが近い影響で、千葉県内で開催される勉強会は多くありません。しかしながら、北東部、房総など東京へのアクセスが難しい地域もあるため、勉強会に参加したいけれど、参加できないという仲間が多くいるのではないかと考えています。

JAWS-UG千葉支部では、東京にアクセスが難しい地域、運営メンバーの地元地域(船橋、千葉、松戸、我孫子、柏など)でAWSに興味がある方、AWSを学びたい方が集まり情報交換を出来る場にしたいと考えています。

オンライン と JAWS-UG 千葉支部 について

同じ千葉県民で、千葉開催とはいえ、柏で開催した場合、勝浦の方が参加することは難しいと思います。

ただ、同じ千葉に暮らす者として、たくさんの方に参加頂き、たくさんの方にAWSの知見を持ち帰って頂き、たくさんの方にアウトプットして欲しいです。

オンライン開催について、JAWS-UG千葉支部は地理的な問題を解決する1つの機会と考えています。希望する開催テーマ、参加してみての感想など、皆さんのコメントを貰えると嬉しいです。

JAWS-UG 千葉支部 運営メンバー(50音順)

榎本 ジョン 航介

AWS Community Builders
都内の住宅設備メーカーに所属。IBMでインフラエンジニアとしてWeb基盤構築や運用保守を経験。その後SESで金融機関のWeb基盤運用担当、スタートアップでのスクラムマスター、カスタマーサクセス担当を経て、現職の住宅設備メーカーへクラウドエンジニアとして参画。現在はデジタル(IT)部門のプロダクトオーナー兼ガヤ芸人として、新規事業の企画や開発に携わりつつ、社内でAWSやアジャイル開発の楽しさを広める活動をしています。ミドルネームのジョンは社内でのニックネームです。 IBMでの新人時代にお世話になった千葉で、千葉の皆様とともにAWSの楽しさを分かち合いたい!

北原 雅人

kitahara

2020/2021APN AWS Top Engineers
フォージビジョン株式会社所属。地方自治体のシステム構築、メールSaaSの技術担当、ヘルプデスクチームのリーダーを経て、AWSの魅力に惹かれる。AWSエンジニアとして多くの顧客の事業価値を最大化、社会貢献してきたいと考えています。人と人のつながりを大事に、コミュニティの楽しさを教えてくれたJAWS-UG千葉支部と千葉のみなさんに恩返ししたい!

山口 正徳

フォージビジョン株式会社所属。JAWS DAYS 2021 実行委員長、JAWS-UG千葉支部運営。AWS Hero、AWS Samurai 2020であり、元APN Ambassador/APN AWS Top Engineer。JAWS DAYS 2014の参加をきっかけにAWSに興味を持ち、2016年から本格的にAWSを使い始める。JAWS-UGには2018年から参加。JAWS DAYSのスタッフ参加、JAWS SONIC 2020の配信をリードした実績からJAWS DAYS 2021 実行委員長を務める。アウトプットとコミュニティ活動の実績を評価されAWS Community Heroに認定される。
仕事ではAWS事業の立ち上げから成長を事業および技術面の双方で牽引しAPN Ambassador/APN AWS Top Engineerを受賞した実績をもつ。 千葉みなさんとAWSを楽しく学びたいと思います!千葉を元気に!

https://aws.amazon.com/jp/developer/community/heroes/masanori-yamaguchi/ https://aws.amazon.com/jp/builders-flash/202103/jawsdays-yamaguchi-interview/

和田 健一郎

2021 APN AWS Top Top Engineers / 「基礎から学ぶ サーバーレス開発」執筆者の一人
アイレット株式会社所属。中堅Slerでアプリケーションエンジニアを経て、2016年9月から現職。 AWSは前職時に東京リージョン来る前に北米リージョンにEC2のインスタンス立てたのが最初。 現在は社内の業務システム改修をしつつ、AWS Lambdaのアップデートを追っかけ、検証する日々を過ごしてます。 JAWS-UG千葉を通して、千葉の皆さんにAWSの良さを届けたいと思っています

発表者

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

Kenichiro Wada

Kenichiro Wada published JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオン.

02/16/2022 12:08

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオン を公開しました!

Group

JAWS-UG千葉支部

Number of events 19

Members 629

Ended

2022/03/08(Tue)

19:00
22:15

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2022/02/16(Wed) 12:07 〜
2022/03/08(Tue) 22:15

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(63)

zer0config

zer0config

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオンに参加を申し込みました!

Masaru

Masaru

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオンに参加を申し込みました!

TakTanaka

TakTanaka

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオンに参加を申し込みました!

multiu

multiu

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオン に参加を申し込みました!

がっきー

がっきー

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオンに参加を申し込みました!

みのるん

みのるん

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオンに参加を申し込みました!

ackc_tarou

ackc_tarou

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオンに参加を申し込みました!

yoshitaka KOITABASHI

yoshitaka KOITABASHI

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオン に参加を申し込みました!

あさぎ

あさぎ

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオンに参加を申し込みました!

98lerr

98lerr

JAWS-UG千葉支部オンライン#15 re:Invent Tech Re:Cap & ハンズオン に参加を申し込みました!

Attendees (63)

Canceled (6)